「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:写真( 3 )

失敗しない写真。

写真誌でときどき目にする見出し。

結婚式やイベント事で確かに失敗が許されない、

したくないケースがあるのはわかる...

だけど、失敗しないってどうさ?

花の写真、人物写真 ... etc

○とXでこれイイ、これダメと作例を出してるのもあるけど。

それってどうなのさ?

その厳密さ?法則?は正しくもあり、間違いだ。

基本、基礎は大事。

でも、だよ。
[PR]
by roxy-music | 2008-03-17 01:00 | 写真

写ルンですよ。


ある美大生が30日間、自分の寝起きの顔を"写ルンです"で撮り続けた。

はじめの数日間は自分をよく見せようと、ナルシズムが少しは働いたとか。

だけど、そんなことはすぐにネタが尽きてくる。

それでも、当然、続ける。とりあえず、撮る。

実際は、この『とりあえず撮る』ってことが重要だったりもする。

とりあえずから見えてくるもの...

ダラダラのダレダレになって、はじめて見えてくる裸の自分。

30枚の寝起きの顔写真。

とりあえずでも、続けていくことで見えてくるものもあるってことだよね。

表現の、ひとつの有り様。

写真やってる人間て、どこかドラマティックなものを求めがちで、

この美大生が写真でやったことは、そういう人間にとって盲点だったり。

ドラマティックなものがひとの目をひくのは確かだけど、

自分が見えてるほんとの日常がそんなドラマティックな連続?

違うよね。

この美大生がやったことは『遊び』に過ぎないかもしれないけど。

生きることの『コア』を突いてる。

一種の。
[PR]
by roxy-music | 2008-03-04 00:34 | 写真

かたち。


カメラによって写真が誰でもきれいに写せるようになったいま、

写真に大事なのはそのひとなりの『哲学』だと言うひとがいる。

ごもっとも。その通りだと思う。

だけど、その『哲学』とやらがキチっと言葉にだして、

明確にひとさまに伝えられるかどうかは甚だ疑問だよ。

僕個人のことで、他のひとは知らないけど。

でもさ、言葉は置いておいて。

たった1枚の写真でその『かたち』をポンと、

誰が見ても『おっ』て思えるものを出したなら。

それに増すものはないのも事実。

ただ、その1枚を出すのが大変っちゃ大変なんだけど。

もしかしたら、これはこれからの自分にとってそんな1枚になるかもと、

そんなふうに自分で思えるものを、先日、見ることができたよ。

自分では、ね。
[PR]
by roxy-music | 2008-02-18 23:51 | 写真