「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ETC( 2 )

Never Let Me Go .


もうだいぶ前に、新聞で知って楽しみに買った本。

カズオ・イシグロの『わたしをはなさないで』

楽しみにしていたわりに、とーんと読んでなかった。

それが、この出かけてた間に新幹線のなか、ホテルでの就寝前に、

ちょっとずつちょっとずつ、読み進めている。

あまりに淡々として難しい文章でもないのに、

読むのにすごく時間がかかって、不思議。

文章自体、理解しにくいものじゃないけども、

抑揚もなく淡々と淡々と静かに進んでいく。

中だるみしてるって感覚でもないし、決して退屈でもない。

また、読み進めるのを止めてしまうかもしれない。

けっして面白くない本では、ない。

最後に待つのは、何なのか。

淡々としてるから、しすぎているから、気になる。

ちょっとふしぎな本かもしれない。
[PR]
by roxy-music | 2008-02-11 00:57 | ETC

言いたいことが言えない。


纏まらない。

最近、漠然とでも思い描くことについて、

うまく言葉にできない。

体調もいまいちだとイライラしたりもして、どうもどうも。

あ、また頭んなかを新たな考え事がよぎる。

あ。これをそれを言葉にして発信したいんだよ。

あ、どう言えばいいん?

あ。どっかにいっちまったw

写真はいい。

言葉はいつでも舌足らず。

いや、写真だって舌足らずなんだけど、正確には舌要らず。

しかし、それも理想論かもしれん。

現実、言葉を必要とする場面は多いし、

写真を通してのコミュニケーションもやはり言葉ありきだから。

結局、相互補完の関係なのか。

ことばとしゃしん。

でも、安易にことばを写真につけたりの方法論は、ある意味、無粋だと思う。

たとえば、詩とのコラボとか。

一連の言葉の群れが『存在』を表すものなら。

写真もまたその1枚1枚が『存在』を表すものだから。

双方が、強烈な個性を纏ってナンボじゃなかろうか。

互いが安易に寄り添うのでなく、強烈に反発するくらいの。

互いの緊張感が逆に調和を呼ぶのではなかろうか。





あぁ、また中途半端に言いたいこと言ってる...
[PR]
by roxy-music | 2008-01-27 10:29 | ETC