「ほっ」と。キャンペーン

イデオン。


旅先でしかあまり入らないネカフェなんだけど、

地元のそれの居心地はどんなもんだと入ってみた。

結果は、よく使うH県のとこのほうが良いですわw

都内のソレがどうなのか、知らないけど。

そんなお試し気分で入ったネカフェで結局、何をしてたかと言えば。

ネットのコンテンツにバンダイチャンネル入ってると、つい見てしまう。

シネマチャンネルも見てしまうw

旅先でも同じで...

ナイトサービス帯に寝るつもりで入って、徹夜で見続けてしまうことも ... 。

昔のアニメ(全話)とか話題の映画とか無料試聴出来ちちゃうから、

時間、忘れて見続けちゃうんです。

で、今回は『伝説巨神イデオン』ですわw

ガンダムの富野由悠季監督作品ですわw

皆殺しの富野、本領発揮ですわ。

イデオンはテレビシリーズは尻切れトンボな感じで終わってしまう。

放映終了後に劇場版で『接触篇』『発動篇』がつくられて、

その『発動篇』で物語の実質的な大団円を見ることが出来るのだけど。

救いのない、とはよく言われてます。

エンディングについて。

そうかな...?ほんとにそう?

YOUT●BEで『発動篇』エンディングのところがあったので観てみた。

確かにキャラはみな、悲惨な最期を迎える。

けど、しっかり昇天なのです。

重要なのは、なにもこのエンディングだけじゃないんだけどね。

物語のプロセスをしっかり踏まえてソレにたどり着くまでがまた、ね。

しかし、最終的に結果はキャラは総じて『昇天』しているのです。

救いがないわけじゃないと思うのはわたしだけでしょうか?

もろに宗教的ではあるけどね。

ねじ曲がったソレではないと思うわ。

そのうちDVDをレンタルしてきて、またじっくり観ようとも思ってます。

イデオン、面白いです。

たぶん、ガンダムより面白い。
[PR]
by roxy-music | 2008-03-06 23:02 | 映画
<< 失敗しない写真。 写ルンですよ。 >>