写ルンですよ。


ある美大生が30日間、自分の寝起きの顔を"写ルンです"で撮り続けた。

はじめの数日間は自分をよく見せようと、ナルシズムが少しは働いたとか。

だけど、そんなことはすぐにネタが尽きてくる。

それでも、当然、続ける。とりあえず、撮る。

実際は、この『とりあえず撮る』ってことが重要だったりもする。

とりあえずから見えてくるもの...

ダラダラのダレダレになって、はじめて見えてくる裸の自分。

30枚の寝起きの顔写真。

とりあえずでも、続けていくことで見えてくるものもあるってことだよね。

表現の、ひとつの有り様。

写真やってる人間て、どこかドラマティックなものを求めがちで、

この美大生が写真でやったことは、そういう人間にとって盲点だったり。

ドラマティックなものがひとの目をひくのは確かだけど、

自分が見えてるほんとの日常がそんなドラマティックな連続?

違うよね。

この美大生がやったことは『遊び』に過ぎないかもしれないけど。

生きることの『コア』を突いてる。

一種の。
[PR]
by roxy-music | 2008-03-04 00:34 | 写真
<< イデオン。 かたち。 >>