「ほっ」と。キャンペーン

UP

ピーター・ガブリエルの声が部屋を覆ってる。

ふくよかな君に包まれて

僕は再びゆらゆら漂う

成長する、成長する、

生きる場所を探して

僕の魂は遥か遠くを旅するのが好きなんだ

アルバム " UP " 収録曲 " GROWING UP " より

他人の興味がどこにあるのか、

それを知るために敢えてその分野に顔を突っ込むけども。

人間は誰もが勝手なもので、

たとえ社交辞令であろうがこちらには踏み込みもしない。

単純に興味がないんだな。

元より社交辞令など要らない。

辛辣である必要もないけど、見え据えた言葉は返って礼を失する。

と或るところに寄って、言いたいことがまた出て来てしまった。

オンライン上で。

だけど、率直にぶつかって、たぶん受け入れられはしない。

ならば、相手の土俵の表現でぶつけてみたらいい。
[PR]
# by roxy-music | 2008-03-21 23:14 | 音楽

失敗しない写真。

写真誌でときどき目にする見出し。

結婚式やイベント事で確かに失敗が許されない、

したくないケースがあるのはわかる...

だけど、失敗しないってどうさ?

花の写真、人物写真 ... etc

○とXでこれイイ、これダメと作例を出してるのもあるけど。

それってどうなのさ?

その厳密さ?法則?は正しくもあり、間違いだ。

基本、基礎は大事。

でも、だよ。
[PR]
# by roxy-music | 2008-03-17 01:00 | 写真

イデオン。


旅先でしかあまり入らないネカフェなんだけど、

地元のそれの居心地はどんなもんだと入ってみた。

結果は、よく使うH県のとこのほうが良いですわw

都内のソレがどうなのか、知らないけど。

そんなお試し気分で入ったネカフェで結局、何をしてたかと言えば。

ネットのコンテンツにバンダイチャンネル入ってると、つい見てしまう。

シネマチャンネルも見てしまうw

旅先でも同じで...

ナイトサービス帯に寝るつもりで入って、徹夜で見続けてしまうことも ... 。

昔のアニメ(全話)とか話題の映画とか無料試聴出来ちちゃうから、

時間、忘れて見続けちゃうんです。

で、今回は『伝説巨神イデオン』ですわw

ガンダムの富野由悠季監督作品ですわw

皆殺しの富野、本領発揮ですわ。

イデオンはテレビシリーズは尻切れトンボな感じで終わってしまう。

放映終了後に劇場版で『接触篇』『発動篇』がつくられて、

その『発動篇』で物語の実質的な大団円を見ることが出来るのだけど。

救いのない、とはよく言われてます。

エンディングについて。

そうかな...?ほんとにそう?

YOUT●BEで『発動篇』エンディングのところがあったので観てみた。

確かにキャラはみな、悲惨な最期を迎える。

けど、しっかり昇天なのです。

重要なのは、なにもこのエンディングだけじゃないんだけどね。

物語のプロセスをしっかり踏まえてソレにたどり着くまでがまた、ね。

しかし、最終的に結果はキャラは総じて『昇天』しているのです。

救いがないわけじゃないと思うのはわたしだけでしょうか?

もろに宗教的ではあるけどね。

ねじ曲がったソレではないと思うわ。

そのうちDVDをレンタルしてきて、またじっくり観ようとも思ってます。

イデオン、面白いです。

たぶん、ガンダムより面白い。
[PR]
# by roxy-music | 2008-03-06 23:02 | 映画

写ルンですよ。


ある美大生が30日間、自分の寝起きの顔を"写ルンです"で撮り続けた。

はじめの数日間は自分をよく見せようと、ナルシズムが少しは働いたとか。

だけど、そんなことはすぐにネタが尽きてくる。

それでも、当然、続ける。とりあえず、撮る。

実際は、この『とりあえず撮る』ってことが重要だったりもする。

とりあえずから見えてくるもの...

ダラダラのダレダレになって、はじめて見えてくる裸の自分。

30枚の寝起きの顔写真。

とりあえずでも、続けていくことで見えてくるものもあるってことだよね。

表現の、ひとつの有り様。

写真やってる人間て、どこかドラマティックなものを求めがちで、

この美大生が写真でやったことは、そういう人間にとって盲点だったり。

ドラマティックなものがひとの目をひくのは確かだけど、

自分が見えてるほんとの日常がそんなドラマティックな連続?

違うよね。

この美大生がやったことは『遊び』に過ぎないかもしれないけど。

生きることの『コア』を突いてる。

一種の。
[PR]
# by roxy-music | 2008-03-04 00:34 | 写真

かたち。


カメラによって写真が誰でもきれいに写せるようになったいま、

写真に大事なのはそのひとなりの『哲学』だと言うひとがいる。

ごもっとも。その通りだと思う。

だけど、その『哲学』とやらがキチっと言葉にだして、

明確にひとさまに伝えられるかどうかは甚だ疑問だよ。

僕個人のことで、他のひとは知らないけど。

でもさ、言葉は置いておいて。

たった1枚の写真でその『かたち』をポンと、

誰が見ても『おっ』て思えるものを出したなら。

それに増すものはないのも事実。

ただ、その1枚を出すのが大変っちゃ大変なんだけど。

もしかしたら、これはこれからの自分にとってそんな1枚になるかもと、

そんなふうに自分で思えるものを、先日、見ることができたよ。

自分では、ね。
[PR]
# by roxy-music | 2008-02-18 23:51 | 写真